主にパッケージやシールラベル等の浮き出し加工に使用されます。
樹脂製の凸版と金属製の凹版の組み合わせで紙を立体に盛り上げ(下げ)ます。

腐食版+樹脂凸版

一般的なエンボス(浮き出し)、デボス加工に使用されます。

彫刻版+ニュークリアダイ(型取成型雄版)

複雑な形状の凸凹表現を施せます。複数の高さやなだらかな凸凹表現が可能です。 ツジカワの3Dモデリング技術で、幾何学的な形状はもちろん、有機的でリアルなレリーフを作成することも可能です。 さらにレーザー彫刻を駆使して、繊細なエンボス柄表現が可能です。レーザー彫刻版は革、布地、刺繍のような異素材感を表現するのに適しています。

彫刻版+ニュークリアダイ(型取成型雄版)